読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハートフル手作り流行語2017

オリジナルの流行語や新語(造語)をどんどん発信していきます。気楽にお使い下さいませ〜。

ハートフル提案!!「笑い研究担当大臣新設希望!!(╹◡╹)」

皆さんおはようございます。

暦も寒に入りまして流石に冬らしくなって来ました。 お風呂に入ってもなかなか身体の芯まで温まらず、昨日は久しぶりに湯たんぽを入れました(#^.^#) 皆さんもどうぞお身体ご自愛下さいね。 さて、今日は政府に「笑い研究担当大臣」を設けて下さいという提案です!! 何でこんな事を言うかと申しますと、1/8の日本経済新聞の「日曜に考えるとヘルス」欄のコラムで認知行動療法研究開発センターの 大野裕氏の「こころの健康学」を読んだからです。 テーマは「笑い」。 笑うことが免疫力を高めたり病気などの治癒力を高めるという話は近年よく耳にするようになりましたが、私が注目しましたのは、「意識的に笑顔を作るだけで、ポジティブな情報を受け取りやすくなる」事が実証されていると書かれている点です。 これって凄くないですか??!! 例えば同じテレビの情報番組を見ても、本を読んだとしても笑顔を(しかも面白くなくて作り笑顔だとしても)作った人は笑顔でない人と比べて有益な情報が得られる、と言う事です。 確かに同じ薬を服用したり、同じ治療を受けてるのに効果が人によってまちまちだったりします。 同じ授業を受けても先生の話を笑顔で聞いた生徒は受験本番でそれが見事出題されて合格。でもブスッとして聞いてた生徒は、その問題を見て、あっコレ先生が言ってたなぁ、でも忘れた!で結局間違って不合格なんてこともあり得るのかもしれません!! これが事実ならばもっともっと本格的に集中的な「笑いの効用」の研究、実験を国家あげての一大事業にして、それこそ安倍内閣4本の矢にして貰ってもいいくらい(笑)で徹底的に事実解明して欲しいものです。 「笑い研究担当大臣」を新設して、大臣にはビートたけしさんくらいを抜擢。副大臣にピコ太郎!世界的に名の通った映画監督と世界的お笑いミュージシャン?ですし、笑いの効用を世界に向けて強く発信できるのではないでしょうか! そしてその暁には国会の先生方も怖い顔しないで笑いながら答弁し、笑いながらそれを聞き、とすると互いの情報を結果的にポジティブに活かせる事が出来るのかもしれません。 TPPだってあれだけ超膨大な時間と手間暇をかけたにもかかわらず、トランプ氏就任を前に既に風前の灯火! これももし、笑顔で議論を重ねてたら(そんなことできるか!!と叱られそうですが(#^.^#)だから国家レベルで研究するのです!)もっと結果を外交に活かせたかもしれません。 そして、子供も食べることや歩くことと同じくらいのレベルで人間は笑って生きるんだよ、と言いながら育てる!! そして親も笑ってないと説得力がありませんので笑いながら躾をする(笑) f:id:asazya:20170109225832j:plain 皆さんも良ければこのブログを作り笑いでいいので、ここからでも笑って読んで見て下さい。そしたらこの記事が明日にも何かポジティブに活きるかもしれませんよ(#^.^#) 電車でもできたらニヤけましょうか!そしたら後ろで話してる女子高生の話がビジネスのヒントになり新たなヒット商品が生まれるかもしれません。 だいたい大発明や大ヒット商品は人が見向きもしなかった情報が元になってたりしますよね。 笑うことで人にはゴミでも貴方には宝のようなとっておきの情報になるかもしれないのです。 私も一日一笑が信条なのですがもう三笑でも四笑でも百笑でもしようかなと言う気になってます。 一緒に如何ですか?元手はタダですよ!! 唇の横に笑筋(しょうきん)という筋肉があり、これは口角を上げたりエクボを作る筋肉です。 この笑筋をガンガン鍛えて賞金ゲット!!(うまい??!!)なんてなるといいですよね。 いや〜〜楽しみだなぁ(#^.^#) それではまたお逢いしましょう。 ありがとうございました。 笑い研究担当大臣応援団長ハートフルでした(#^.^#)