読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハートフル手作り流行語2017

オリジナルの流行語や新語(造語)をどんどん発信していきます。気楽にお使い下さいませ〜。

2017ハートフルオリジナル流行語  『セルフファッショナブル』

『セルフファッショナブル』

 

意味・・・自分の魅力を常に引き出して育てることをどんな時代でも行なって行くことを言う。

生きてる限り、人との比較ではなく自分の良さを発見するメソッドを追求して行くこと。

  

なお、前回ご紹介させていただいた『ジャポジナル ルネッサンス

2017ハートフルの手作り流行語 『ジャポジナル ルネッサンス)(^.^)/~~~』 - ハートフル手作り流行語2017

』と同じ仲間の言葉です。

(日本の良さを見つけると同じく、自分の良さに気づく)

 

 

私の大好きなタレントさんの一人に明石家さんまさんがいます。

 

生きている間に一度は直接そのお姿を拝見したいと思っているのですが、まだ実現してません。

楽しい時ばかりでなく、むしろ辛い時、苦しい時に何度もさんまさんのパフォーマンスに助けられ救われました。ただ、ミーハー出会いたいのではなくお逢いしたら是非心から御礼申し上げたいくらい・・・・スキで感謝しています。

 

さんまさんの魅力はたくさん有りすぎますがその1つは自分大好きと言うこと。

 (今日はこの点だけに絞ってお話します)

 

どれくらい好きかはテレビなどで伺う限りですがご自分の出演番組は余すことなく録画、お気に入りのシーンは繰り返しご覧になるとか。

自分の姿を見たくないと写真すら嫌う方がおられますが、さんまさんは違います。

 

一日24時間、一年365日間、春夏秋冬・・・もういつでも自分大好きと言うお方。

 

しかもそれを包み隠さず公言されるのですから凄いです。

自分が好きになれなくて、と言ってる方が聞こえがいいという場面もある気がしますが、さんまさんにはありえ・・・・・ないのです

 

だからかは分かりませんが,さんまさんの周りはさんまさんのことが好きな方が山ほど集まります。

日本全国津々浦々から何故か楽しく憎めないオモシロイ人、いい意味で癖のある人たちが次々と訪れてるように思います。しかも奇跡のように。

さんまさんファンを始めて30年、私が見る限りは・・・・ですが。

 

 

そしていつもさんまさんらしい輝き、色褪せない魅力があります。

ファンになった頃は10代でしたから、10代なりのさんまさんの魅力というか良さを感じてました。

そして今いい年になって、イキイキとしている還暦を過ぎたさんまさんがとてつもなく魅力的に紳士に見えるのです。

 

そしてやはり考えます。同じ人間としてなんでなんだろうと。

この輝ける魅力はどこからくるのか・・・・と。

 

そして私なりに気づいたことは、くだんに述べたように自分がとことん好きということ。

自分のすべてを好きになれる人は私も含めて・・・・滅多といないと思います。

自分が自分のことは良く分かってるだけにあえてふたをしたいことも数多くあります。

 

でも自分が好きになれないなら、自分から逃げられないわけですから自分を好きにになれる魅力を努力して一つでも増やすことを頑張ってみるということは大切なんだろうと・・・・想うのです。

 

そして、1年でも5年でも10年でも・・・たったときにあのときにこうできた自分はちょっと好きだな、なんて思えたらきっと幸せ感は増すでしょう。

 

もう30年近く前ですがユーミンこと松任谷由実さんがあるラジオで『人間はみんなどこかナルシストですよね・・・』って言っておられたのがすごく印象的でした。

つまり、自分が好き、自分に酔う、または酔いたい生きもの・・・・・。

 

でないと生き続けるのは・・・・クルシイですよね(-_-;)

 

 

好きな自分に寄せて行き、その時生きてる社会でも受け入れてもらえると毎日に張り合いも出てくるというもの。そこで異性にも持てたら言うことなし??かもしれません。

 

f:id:asazya:20161201192608j:plain

 

そして、最初の意味の説明でも書いたように、生きてる間自分の魅力を追求し続けていこうと挑戦するのが・・・『セルフファッショナブル』。

 

何故、ファッション???て思われるかもしれませんが、これはいわゆるファッションではなく、ファッショナブルには流行にのるとか、時流に乗るというニュアンスがあります。

つまり、自分を時流に乗せて行く。

昔のことや済んだ話や過去の栄光でなく・・・・今の時代に今の年齢でその立場で、

何かイケてる自分であれたら・・・・(#^.^#)

やはり過去の栄光をあれこれ、うだうだ聞かされることほど退屈なことはありません。

今が旬で活きのある人の話・・・・はそれこそ・・・・・〝粋〟だろうと想うのです。

 

 

そういう意味でまた、さんまさんの話になりますが、さんまさんは〝粋〟だなと。

 

平成のこの今の時代に有って、活き活きとイケてると思うのです。

サンマ(秋刀魚)だけに〝旬〟でぴっちぴちです。(上手い(*^。^*))

 

真相は知るよしもがなですが、さんまさんは何十年も前にあることがきっかけでNHKへの出演を辞めたか、打ち切られたのですが(たしかにNHKでさんまさんを拝見することは絶対ありませんでした)先日からなんとNHKでレギュラー番組を持たれました。(拍手!!)

これはさんまさんファンとしては、衝撃的です(*^。^*)

 

残念なことに大好きな『さんまのまんま』というフジ系列の老舗番組が今年の9月に打ち切りになりました(これもショックでした)が、そのあとでNHKの新番組がスタートしたのです。その名も『明石家紅白』。歌番組です。

 

もう、やったーと思いましたね。

と同時にさすが明石家さんま!!!は凄いと手を叩いて喜びました。

一つの長い歴史が終わったと思ったら全然違うところでまた素敵な歴史を刻んで行かれる。これぞ、さんまさんがセルフファッショナブルな人である証拠です

(脱帽どころか大脱帽です!!!!)

 

自分が好きだから人にも好かれる、新しい流行の流れの中で自分が使ってもらえたり、バトンが回ってくるのではないかと思うのです。

嫌な自分からはすぐに逃れて次の流れに乗る。

 

如何でしょうか。ご自分なりのセルフファッショナブルを続けて、進化しつづけて行きませんか。私もそうありたいです(希望的観測)

    

 

どうも有難うございました。       ハートフルでした(#^.^#)