読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハートフル手作り流行語2017

オリジナルの流行語や新語(造語)をどんどん発信していきます。気楽にお使い下さいませ〜。

2017のオリジナル流行語をここから発信!!

言葉は宝 言葉は命

皆さん初めまして。ハートフルと申します。

 

私は、長年人前で話すお仕事をして参りました。

 

常々感じていたことは、コミュニケーションツールとして言葉があって有り難いということです。

 

言葉があるから人と分かり合える。言葉があるから同じ考え方を共有できる。

言葉があるから疑問や困ったことを人に伝え尋ねられる・・・・

そして、人は言葉に甚(いた)く感動する生き物であると。

 

時に話し手も聞き手も、書き手も読み手もおのおのが感極まって涙することもあります。歌いながら快楽を覚え、その素晴らしい歌を聴きながら涙がほろり・・・

 

これを経験すると生きてて良かったと心の底から感動します。

自分が言ったことを頷いて聞いてくださる人がいると一種の興奮を覚えます。

自分の言った言葉が笑いを誘うと一種の安堵感を覚えます。

 

 ただ、ここで現在生きている人類全員に言えることは今この瞬間使っている『言葉』は自分が作り出したものではないということ。

 

文字や言葉の起源は諸説ありますし、国や地域、民族によっても異なりますが、最初に誰かが考え、誰かが理解し、誰かが応用し、そして時代とともに生まれた言葉、死んでいった言葉、使いことを禁止された言葉、書き残したもの、口で伝えたもの・・・

人類に歴史は200万年とも言われますが、およそその間脈々とこの循環運動が繰り返されてきたのです。

 

そして、何故繰り返されてきたか・・・・・それは・・・・必要だったからでしょう。

 

誰かに伝えたい、残しておきたい、分かり合えたら幸せ、読んでもらえたら嬉しい・・・・人間が人間らしく生き抜いて行くためにどうしても欠かせなかったのがこの

言葉です。

 

言葉は宝  言葉は命

 

だから言葉を失うと、言葉を奪われると、言っても伝わらないと底なしに悲しく空しく不安にもなる。これが人間。

 

日本では古来から『言霊(コトダマ)』が信じられてきました。

 

言葉には魂が宿ると。  

だから、言葉で励まし勇気づけることや時に暗示にかけることすらします。

 

そんな言葉は生き物なので常に変化し続けます。文法や言葉遣いも年長者が眉をひそめながら、若者の言葉に難色を示すこともしばしばですが、それも人類が繰り返してきたこと。

 

私たちも歴史の担い手として言葉を継承しながら変化させて時代に伝えていく役割があります。

 

これは意識的か無意識的にかはわかりませんが必ず新しい言葉は社会の変化とともに生まれます。流行語だってその一つ。それらは時に面白い響きだったり、笑いを誘ったり、よくぞ言ってくれたということだったりします。もちろん、新感覚すぎて怪訝に思われ理解されにくいこともあります。

 

このブログではこの命ともいえる言葉を使える日常に感謝しつつ新たな時の流れやヒト社会のあれこれ、また地球や宇宙の偉大なシステムや現象にいたるまでこの世のあらゆる領域をターゲットとして時に真剣に時に楽しく『流行語』を独自で発信してゆこうとするものです。

 

『流行語は世につれ世は流行語につれ』

 

まずは2017年の流行語作りを目指して行きます。皆様にはどうそ温かい目で見守って頂き応援して頂きたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

 

                      言葉大好き  ハートフルでした